「ミルフィーユ下さい」は恥ずかしい?

フランスのケーキの定番、ミルフィーユ。たぶん、どなたでもご存知ですよね。

だから、フランスに旅行した時に、ミルフィーユに出会ったら、嬉しくなって、「ミルフィーユ下さい!」って注文したくなります。

でも、ちょっと待ってください。フランス人がびっくりしてしまいます。

フランス語は、millefeuille

ミルフィーユは、フランス語では、mille-feuille もしくは、millefeuille と言います。

mille は「1000」という意味。feuille は、「葉っぱ」という意味です。

生地が何層にも重なって出来ているケーキなので、「1000枚の葉っぱ」という意味のネーミングです。

「ミルフィーユ」の意味

では、私たちが日本語で言っている「ミルフィーユ」は、フランス人に何と聞こえているかというと、mille filles と聞こえています。

mille は同じく「1000」という意味。filles は、「女の子」という意味。つまり、「1000人の女の子を下さい!」って意気揚々と注文していることになるんです。

eu の発音

これは、feuille っていう発音が難しいために、最初、うまく聞き取れなくて間違ってカタカナにしてしまったせいでしょうね。

最初のレッスンの時に、このお話をしていました。そうすると、feuille ではなくて、fille の方を覚えてしまう方が続出(涙)。

これを読んでいらっしゃる昔からの生徒さん!「そうそう!」ってつぶやきましたよね?おかげさま(?)で、現在は、feuille を初日に説明するのをやめました(笑)