ロカマドゥール

ロカマドゥール,フランス,ミディ・ピレネー

断崖絶壁にある村

ロカマドゥールは、写真でもお分かりのように、ドルドーニュ川につながるアルズー渓谷の断崖絶壁に張り付いているような村です。    

まず頂上にあるシャトーから見学。

ここからの見晴しも最高です。村も眺められます。

黒いマリア像

断崖に建てられた教会には、「黒いマリア像」があり、中世の巡礼地となっていたそうです。

数々の奇跡が起こったという伝説の教会です。

そもそも、ロカマドゥールという名前は、初期キリスト教徒だった聖アマドゥールが隠遁生活をしていたことに由来します。岩を意味するロック+アマドゥール=ロカマドゥール。

聖アマドゥールの遺骨が腐敗しない状態で発見されたという伝説もあります。

街並みはとてもかわいい。

日本人には馴染みが薄いですが、今では、ヨーロッパでは有名な観光地となっています。

ロカマドゥールといえば

チーズ好きであれば、ロカマドゥールと言えば、山羊のチーズです!

このシェーブルチーズ(山羊のチーズ)は、以前はカベクーと呼ばれていたチーズで、わずか35グラムしかない小さなサイズです。

もちろん、ロカマドゥールで、ロカマドゥールを食後に注文してみました!

シェーブルチーズは、一般的に酸味が強いですが、ロカマドゥールは酸味はそれほど強くなく、ねっとりコクがあり濃厚です。

白ワインだけでなく、赤ワインにもあいそうです。

断崖絶壁!

近くでみても、本当に断崖絶壁でした・・・。

次の記事

オンラインノエル2020