ガレット・デ・ロワ2012

ルミエールアキ中目黒サロン時代の恒例行事のひとつに、「ガレット・デ・ロワ」がありました。

ガレット・デ・ロワとは、フランスの年明け最初の伝統行事。パイの中に、フェーヴを仕込んでおいて、それが当たった人が、王(王女)様となり、幸運が一年間続くと言われているものです。一種の運だめしのようなものです。

このガレット・デ・ロワについて、別のページで詳しくまとめています。

ガレット・デ・ロワの会2015

ガレット・デ・ロワの会2016

ガレット・デ・ロワの会2018

ガレット・デ・ロワの会2019

左が2019年のフェーヴ、右が2020年のフェーヴです。特に2019年のフェーヴは、ピエールエルメとクリストフルがコラボしたリングで、一気に皆さんのテンションが上がりました(笑)